アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家のお気に入り北海道キャンプ場ベスト10(10位〜6位)

<<   作成日時 : 2017/05/24 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

いきなり夏日連発で日々大汗をかいてなんとなく痩せそうな気分になっているまろぱぱです。
まあ気分だけですが(^^;)

もちろん食欲が低下するなんてことはありませんよ〜

毎年つぶやいているかもしれませんが、この季節の暑さって北海道の真夏に近いんですよね。

で、すでに病気は発症していて頭の中は北の大地。

ベッド脇に置いてあるのは、’15-16北海道キャンプ場ガイドに北海道ツーリングパーフェクトガイド2015にマップル北海道’17

まだ具体的に計画は立ててませんが、行きたい場所のピックアップなんぞ開始してしまってます(^^;)

キャンプ場も然り。

北海道ヘはキャンプをしに行っているようなものなので、お気に入りのキャンプ場探しも重要です。

キャンプ場を基準にして行き先を決めてるかも(^^;)


そこで棚卸の意味も込めて独断と偏見で選ぶ北海道の我が家のお気に入りキャンプ場ベスト10をご紹介。

キャンピングカーで利用するのでオートキャンプ場で、更にこれまでコーギーのまろがいたのでペット可のキャンプ場ばかりです。

まずは
第10位 帯広ポロシリ自然公園オートキャンプ場
スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

画像
2010年、2011年に利用しました。
帯広からほど近いキャンプ場でかつ電源付き2500円(当時:今期はスノーピーク管理で3000円になるそうです)と本州からすると格安キャンプ場なのにこの広々サイト
画像
キャンプブーム前なので8月なのにこの空き様。
近くに他のキャンパーもいないのでまろものびのびできました。
画像
徒歩圏内に温泉は有りませんが、シャワーは無料でトイレも炊事場もきれいでなかなかよいキャンプ場でした。
画像
ただ夜になるとこのふわふわの気持ち良い芝生がしっとりと夜露に濡れて普通の靴で歩くとびしょびしょになるのが玉に瑕でした。

また定期的にどこからかクマよけ(?)の空砲が聞こえてきたのがヒグマ天国にいることを実感させてくれます。

今年はスノーピーク管理になるので混みそうだな〜

6月3日リニューアルオープンだそうです。


第9位 知床自然村

2007年に利用しましたが、残念ながら現在休業中
画像
キャンプサイトはフリーサイトでオホーツク海を眺めながらキャンプができます。

そしてこのキャンプ場の最大の見せ場はオホーツク海に沈む夕日
画像
そしてさらに素晴らしいことに、ここの温泉の露天風呂からもこの眺め♪
画像
サイトは車両乗り入れ禁止のフリーサイトが基本ですが、サイトの縁部ではオートキャンプが可能でした。
画像
自然はとっても濃厚で、キャンプ場施設までの登り道は砂利道で「クマ出没注意」とあって、周囲もどこからクマさんが登場してもおかしくない雰囲気です。
画像
ここはキャンピングカーが良いかな(^^;)

それにしてもこんな良いシチュエーションがあるのに何で休業中なんでしょう?

是非とも復活してほしいキャンプ場です。


第8位 朱鞠内湖畔キャンプ場

こちらはクレアになって初めての2014年の北海道キャラバンの際に利用しました。
林間サイトの涼し気なキャンプ場です。
画像
ちょっと大きなキャンピングカーは場所選びが難しいですが、とても広いのでまあ何とかなります。
トイレは内陸側の駐車場の横にあります。
画像
ほぼ場内に街灯はないのでヘッドライト、できたら明るめのヘッドライトは必須です。

このキャンプ場の魅力は朱鞠内湖でカヌーができること
画像
夏は水温の関係で難しいらしいですが、ここ朱鞠内湖は幻の淡水魚イトウの聖地だそうなので、イトウ狙いでルアーを投げても良いかもしれません。
画像
もちろん漁業券は要りますよ。

そして天気が良ければ最高なのは朝日が昇るとき
画像
キャンプサイトが明るく照らされて行くと同時に、こんな逆さ朝日が見られます。
画像
朝靄も良い雰囲気をかもし出しています。
画像
こんな雰囲気の中、まろと湖上散歩に出かけたのもとても良い思い出です。
画像
この素晴らしい朝日が見られただけでこの朱鞠内湖キャンプ場が好きになりました。

今年もまた行きたいキャンプ場です。

第7位 星に手のとどく丘キャンプ場

今ではキャンパーの間では全国区で有名になったジンギスカンの美味しいキャンプ場ですね。
我が家は2009年と2012年に利用しています。
それぞれ予約なしでも何とか泊まれましたが、今では無理でしょうね〜
2009年初利用時
画像
ラベンダーと富良野の眺望がすばらしいキャンプ場です。
画像
朝になると羊が遊びに来ます。
画像
スタッフの方が後ろを付いて回り糞の回収をしているのが面白かった。

2012年に利用した際にはリョータとシオリが沢山友達を作って、皆でスタッフの方にいっぱい遊んでもらってとても楽しそうでした。
画像
暇さえあればウサギ小屋に入り浸っていましたね。
画像
また今年も行けると良いな〜
お盆過ぎてから行くか、お盆前に行くか!?
どっち?!


第6位 達古武オートキャンプ場
こちらは道東で大人気のキャンプ場で、我が家は2007年、2010年、2011年、2012年、2015年にそれぞれ1泊ずつしています。
全体的にも我が家が泊まった泊数ランク5位以内に入るお気に入りキャンプ場です。
画像
ここの魅力はきれいな設備と
画像
釧路湿原の一部の達古武湖と
画像
そのキャンプ料金の安さ。

入場料、大人一人100円、小中学生50円、オートサイト1290円の我が家の場合だと1590円。
これに電源利用料が200円で合計1790円の格安料金♪

こんなセンターハウスにシャワーと売店があって
画像
炊事場は北海道によくあるコンクリートタイプで、とてもきれいに整備され使われています。
画像
炊事場はここともう一か所の二か所。トイレもこの近くのともう一か所で必要十分なキャパです。
これで徒歩圏内に温泉があれば最高なのですが。

ただ夜になるとキタキツネが食べ物を狙って傍若無人だったので、残飯と食材の管理はシッカリする必要があります。
画像
スクリーンテントの中にまで侵入したり、キャンカーのオーニングの下のテーブルをひっくり返したりしてましたから。

それを差し引いても良いキャンプ場です。

只今だにここでカヌーをしたことがないので、今年はチャレンジしてみる年かな?

それには早めにチェックインしないといけませんね。

ということで、長くなったのでいったんベスト10発表は終了。

いよいよのベスト5は明日に続く。


北海道のキャンプ場って安くて良いねと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
我が家のお気に入り北海道キャンプ場ベスト10(5位〜1位)
昨日懲りずにノーガードでTOEIC試験を受けてあえなくKO負けを喫したまろぱぱです。 新しいTOEIC試験、さらに難しくなってますます歯が立たなくなってきた感が強いです。 本当に毎回言ってますが、まじめに勉強しましょう。 ...続きを見る
アウトドアときどきインドアライフwith...
2017/05/26 05:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールアドレスはこちら
  • Google+プロフィール
  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村
    我が家のお気に入り北海道キャンプ場ベスト10(10位〜6位) アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる