アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

zoom RSS キャンカー用レベラーは定番のFIAMMAよりあえてTHULEを選択

<<   作成日時 : 2017/06/28 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

最近、北海道に行くのが楽しみすぎて行く前から北海道から帰ってきたら廃人になりそうな予感しかしないまろぱぱです。

北海道病が近年最も重篤化して発症中です(^^;)
もし今休みが取り消されたりしたら寝込むな。

しかしまだその前に3連休の本栖湖水遊び第2弾が待ってます。

北海道に行ってしまったら一日中思いっきり水遊びとかはあまりできなくなると思うので、7月一杯は本州の暑い夏を楽しみましょう。


で、3連休は先週末と同じ本栖湖レークサイドキャンプ場、正確には本栖レークサイドキャンプ場にお世話になるのですが、本栖湖湖畔のキャンプ場の例にもれずここも傾斜がきつい。

本栖湖キャンプ場や浩庵キャンプ場の林間サイトは平たんなのですが、湖から遠いサイトなので何のために本栖湖にキャンプに行くのかよく分からない状態になってしまいます。

湖畔に目が届かなくなるので子供たちにライフジャケットを着せて勝手に遊ばせておくなんて事も出来なくなります。

そして湖畔サイトがあるのは浩庵キャンプ場とレークサイドキャンプ場だけですが、浩庵キャンプ場の湖畔サイトはレークサイドキャンプ場よりさらに傾斜がきつくてキャンカーではほぼ利用不可というレベル。

一度だけキャンカーで浩庵キャンプ場の湖畔サイトにチャレンジしましたが、場所選びはかなり難航しました。

それと比較するとまだまだレークサイドキャンプ場はましなレベルですがそれでもタイヤの下に入れて水平を出すレベラーは必須です。

ただ残念ながら我が家のレベラーでは水平には程遠い状態でした。
画像
今回は湖面に対して水平に車を止めたので湖側のタイヤにレベラーをかませてあります。
タイヤの下の黄色いやつですね。

若干ましにはなりますが、傾斜の上側を頭にして寝てみたものの寝ているうちに徐々に足元にずり下がっていくレベルです。

使用しているレベラーはキャンカーに乗り始めた頃に購入したフィアマのレベルプロ
我が家のは黄色で色違いですが、こんな感じのやつです。
画像
ちなみにサイズはこんなものです。
画像
最大補正高さは9cmといったところでしょうか。
画像はHPより借用

安かったので当時は何も考えずにこれを選択しました。

そしてこのレベラーの高さ補正不足もさることながら、10年近く使っているうちに真ん中から割れてきていてそろそろ交換の時期に来ているのかなと。


買い替え候補としてはまずは一番よく利用されている同じフィアマのレベルアッププラスを検討。
画像
レベルプロが無段階なのに対してこちらは3段階の高さを傾斜に応じて選択します。
サイズはこんな感じ。
画像
最大高さは14cmですが補正高さは10cmでレベルプロと1cmしか違いません。

実際はもっと違うような気がするのですが、サイズ上は1cmしか違わないんですね。
多分寸法の入れ方が違うので実際の補正高さはもう少し差がありそうです。

もう少し買い換える効果が欲しいので同じくフィアマのもう一つ大きなサイズのレベルアップジャンボというのを視野に入れることに。
そのサイズがこちら
画像
高さ補正は基本2段になりますが、さらに1cm高くなって高さ補正は11cmまで可能になります。

しかしネックはそのお値段。

ロータスさんのページで通常のレベルアッププラスが4,147円(税込)なのに対し、レベルアップジャンボは7,084円(税込)と収納袋が付いてくるとはいえその値差は大きいです。

そして、他に良いのがないかネットで検索していてそのロータスさんの同じページで発見したのがこちら
画像
車のキャリアで有名なThuleのレベラーセットです。

フィアマのOEM商品な気がしますが、微妙にサイズが大きくなり、収納袋も付いてきてお値段は5,832円(税込)とレベルアップジャンボよりは安くてレベルアッププラスよりは高い絶妙な設定。

そしてサイズは幅以外、ジャンボとほぼ同等のこちら
画像
補正高さはこれら4商品の中でわずかですが一番高い設定の11.2cmになっています。

そして写真にもあるように専用の収納ケースも標準で付いてきます。

フィアマの収納ケースは1555円もするので、それを考えたらフィアマのレベルアッププラスとそんなに変わらない値段になります。

ということで、3連休の本栖湖第2弾に向けて、こちらのTHULEをポチッとしておきました。

きっとこれで北海道でも他の場所で、多少傾斜のあるサイトや駐車場でも問題なく快適な車泊ができることでしょう。


本栖湖湖畔ではレベラーは必須だねと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
THULEレベラーセットの傾斜補正効果は期待大です♪
九州北部の集中豪雨とそれに伴う河川の氾濫の凄まじさに自然災害の怖さを目の当たりにして言葉かでないまろぱぱです。 ...続きを見る
アウトドアときどきインドアライフwith...
2017/07/06 01:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
レベラーもけっこう種類があったんですね。
ひなひな
2017/06/29 07:38
こばんは、ひなひなさん。
市販されているキャンカー用のレベラーはたぶんこれですべてなような気がします。色違いはありますが。
まろぱぱ(takakou)
2017/06/30 21:49
西湖付近のキャンプ場にお世話になっており傾斜がありレベラーのお話し参考になりました!
メリー
2017/08/25 09:59
こんにちは、メリーさん。
書き込み有難うございます。
富士五湖周辺のキャンプ場は傾斜があるところが多いのでレベラーはあった方が便利ですよね。
まろぱぱ(takakou)
2017/08/26 10:41

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールアドレスはこちら
  • Google+プロフィール
  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村
    キャンカー用レベラーは定番のFIAMMAよりあえてTHULEを選択 アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる