アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 福岡奥さん実家近くの駅前に不思議な車両が追加

<<   作成日時 : 2017/12/28 23:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

只今奥さんの実家で布団に入りまったり中のまろぱぱです。

昨日は福岡の奥さん実家2日目でしたが、こちらも恒例の祖父母との焼き肉に行った以外特にイベントは無し。

奥さんも実家の手伝いに忙しく、私と子供達は特にどこ行くこともなくゲームをしたりスマホをいじったりしてまったり休養。

で、時々ソースケが暇になって電車を見に行こうと目の前の無人駅に連れて行かされること数回。

と言ってもその無人駅は滅多に電車の来ないローカル線なので特に見る電車も無し。

しかしこの駅の駅前にはどこかの鉄道愛好家たちが持ってきた古い市電の車両が置いてあります。

以前あった別の車両は修復されて一般解放とかされていましたが、残された車両は最近はあまり修復も進んでおらずもうあまり活動していないのかなと思っていました。

しかし今年やって来てみてびっくり。

新たな車両が置かれています。

残された市電もバスも全く修復が進んでいる様子もないのですが新たな車両がまさか2両も!

それがこちら
画像
一瞬なんだこりゃ!?ついにスクラップ置き場になったか?と思いましたがよくよく見ると車輪があり一応運転席もあります。
画像
ただし進行方向に対し横向きに乗るような計器類の配置ですが。
画像
操縦を試みるソースケ(笑)
画像
まあ動くわけがありませんね(^_^;)

この不思議な乗り物について調べたのですが車体には型番とかの手がかりになりそうな情報はほとんど無し。

ただレンタルに使われていたらしくレンタル会社の社名が入ったボロボロのステッカーだけが残っていました。

あとは1500kgものバッテリーを積んでいることが車体横に記載されています。

この情報とGoogleの画像検索で頑張って探したところこいつはニチユ(日本輸送機)製のバッテリー機関車だということが判明。

確かにごっつい充電用のコンセントが付いてました。

こいつはディーゼルのトロッコ等が使えない地下やトンネルや炭鉱等の閉空間での輸送用に使われる車両だそうです。

狭い閉空間や爆破の危険性のある場所で高圧の電気を線路や架線に流すのは危険ですからね。

今の電気自動車の先駆けですかね(笑)

ただバッテリー重量が車1台分ってどんだけ〜。

という事で世の中知らないものがまだまだ沢山あることを再認識させられた1日でした。

好奇心を無くさない事って大切だねと思ったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール
  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村
    福岡奥さん実家近くの駅前に不思議な車両が追加 アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる