アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ホワイトウォーター対応のインフレータブルカヌー

<<   作成日時 : 2018/05/17 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日テレビでおにぎりの番組があって子供たちがおにぎり食べたいというので握ってあげたところ好評だったので自分でも食べかけのご飯を握って作って食べてみたらほっぺたが落ちそうだったまろぱぱです。

具も何もないお米と塩とのりだけで作ったおにぎりだったんですけど美味しかった♪

直に手で握りましたが(もちろんちゃんと手は洗いましたよ)最近はラップで握ったり、おにぎりアイテムで作ったりするんですかね。

手で握った方が美味しくなるような気がするんだけどな〜

また思い出して食べてはいけない時間帯に無性におにぎりが食べたくなってますが、ぐっとこらえてとっとと寝ましょう。



ということで、本日はさんきちさんちのビオビオ2がパンク&修理不能になったということで、最近ラインナップの入れ替わりが激しいホワイトウォーター対応のインフレータブルカヌーについて書いてみましょう。


まずホワイトウォーター対応の定義は、水遊びの最中に水が入っても水が自動で抜けていく穴が船底に開いているセルフベイラーを装備しているインフレータブルカヌーとします。

穴と言っても小さいのが1つか2つしか開いていないと水は殆ど抜けませんのでそれも除外。

あと、やたら高いのも除外。

使用条件を考慮してタンデム以上とします。

かつては私の一押しは我が家の愛艇セビラーSK200DSと
画像
今回修理不能に陥ってしまったさんきちさんちのビオビオ2だったのですが
画像
両方とも廃版になってしまいもう新品はどこにも売っていません。

ヤフオクで小まめにチェックしていたら出てくるかもしれませんが、そんなの待っていたら冬になってしまいます。

そこで次期ビオビオ2、セビラーSK200DSを探してみましょう。

まずはモンベルから

モンベルからはタンデムインフレータブルカヌーは4艇発売されていますが、その中で正式にホワイトウォーター対応のカヌーはこちら
画像
クリキタットHB TWO ですね。
写真はモンベルHPより借用
船サイズは381p×91cmで、積載可能容量は272s。
フロアはSUPにも使われている高剛性のドロップストレッチフロアー。

お値段は\113,000 +税で ¥12,2040也

ただこちらは埼玉のカヌーショップぱどるさんだとモンベル商品でも少し安くなるという情報もあるので、モンベル会員の方は付与ポイントと照らし合わせて比較検討してみてはいかがでしょう?


そしてそのパドルさんで主に取り扱っているのがこちらの2艇
マーシャス プロ250 DS-Wideと
画像
※写真はぱどるさんHPより借用

マーシャス プロ200 DS-B
画像
※写真はぱどるさんHPより借用

これらの2艇はたぶんセビラーSK200DSを改良して販売していたセディアックプロの後継艇かと思われ、剛性の高いドロップステッチフロアーに、ビオビオ2のオープンドレインホール(開閉不可のセルフベイラー)を採用しています。

セビラーのセルフベイラーはドレインホールを開け閉めできたのでそこが違う点かなと。

200と250の違いは全長と積載可能量の違いで
・プロ200が370cmで積載可能重量が290s、
価格(パドルさん特価)は¥134,250(税別)、¥144990(税込)

・プロ250が390cmで積載可能重量が350s、
価格(パドルさん特価)は¥141,750(税別)、¥153090(税込)

となっています。
やはりコールマンから離れてしまったので生産量の関係かちょっと高くなりましたね。


そして10万円以下の格安ホワイトウォーター対応インフレータブルカヌーがなくなった今、ちょっとその価値が上がってきているのが昔からあるこちら
画像
※写真はぱどるさんHPより借用
AIRE社のトムキャット タンデムです。

こちらも定番のホワイトウォーター対応インフレータブルカヌーで、インナーチューブがある2層構造なのでパンクもしにくいし修理も容易です。
ただちょっと手入れが面倒かな。

サイズは381×98cmで、積載量は203s。

お値段は¥110,500(税別) ¥119,340(税込)と上記新参カヌーより安くなっています。

しかももしかしたら大阪の錦ロイヤルさんだともう少し安くなるかも。

ちょっと情報が古い気がするので要確認ですが。

そしてマーシャスを考えるなら視野に入ってくるのがAIRE社の名艇のこちら
画像
※写真はぱどるさんHPより借用
ストライク2です。

トムキャットのインナーチューブがビニルを使用しているのに対し、ストライク2は少し高級なポリウレタン製。
この素材は耐久性もあり長く使うことができるため、商用ツアーやレンタルカヌーとかでもよく見かけます。
実際、気田川のアウトフィッタークリークサウンドさんもこちらを利用していました。

サイズは、389×91cmで積載量は203s。

ストライク2のお値段は、パドルさん特価で¥142,800(税別)¥154,224(税込)とやっぱり一番高いですが、マーシャス250と比較するとその差はわずか。

実績を取るか、新規技術を取るか!?

さて、あなたならどれを買う?!

比較しやすいよう一覧表にまとめてみました。
画像
ご参考までに。

ただでさえ少ないカヌー愛好人数が最近SUPに取られて更に減っているような気がしますが、激しいフィールドで比較的簡単に遊べるのはインフレータブルカヌーですよ〜♪
SUPも良いけど、カヌーカヤックも楽しいですよ〜♪

ファルトボートは雰囲気が良く所有欲を満たしてくれますがやはり高いのと破損が怖いのであまり川下り向きとは言えないのが難点。
水量の多い川を下るのには適していますが、日本のダウンリバーフィールドは水量不足が多いですから。
あとキャンプ道具を積み込んでのツーリングカヌーもファルトの方が向いてますが、あまりやれませんよね。
我が家も結局2泊くらいしかできていません。

なんにせよカヌーは最初はインフレータブルカヌーがおすすめということで。

今日みたいに暑い日は水遊びが良いねと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



AIRE(エアー) ストライクツー オレンジ MC-1387
AIRE(エアー)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AIRE(エアー) ストライクツー オレンジ MC-1387 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




TR トムキャット タンデム ライム 2人乗り用 US-1135

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TR トムキャット タンデム ライム 2人乗り用 US-1135 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新しいダッキー決まりました!
本当は選択肢がないのですが…
本栖湖デビューを考えております!
詳細は横浜のPさんに今週お聞き下さい(笑)
さんきち
2018/05/22 00:28
こんばんは、さんきちさん。
決まりましたか!
何を買ったのかな〜??
詳細を横浜のPとらさんがなぜ知っているかを含めて聞いてみたいと思います(笑)
まろぱぱ(takakou)
2018/05/22 01:02

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール

  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村

    Instagram
    インスタグラムはここ

    ホワイトウォーター対応のインフレータブルカヌー アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる