アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 北海道キャラバン3日目〜ソースケ完全復活で希望通りデカイあいつに会いに行く

<<   作成日時 : 2018/08/14 02:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

只今道の駅絵本の里けんぶちで車泊中のまろぱぱです。

外はあいにくの雨で昨日も曇り空でペルセウス座流星群はおろか星すらろくに見ることができませんでした。

そしてこれで北海道4泊目を迎えますがいまだノーキャンプ(T-T)

明日は頑張ろう!
雨だけど・・・

ところで色々コメント頂いてますがなかなか返事が書けていません。
ありがたく読ませては頂いてますので落ち着いたらしっかり返事を書かせて頂きますのでしばらくお待ち下さいな。


本日は増毛駅跡の無料駐車場で朝を迎えましたがやや寝坊。

起きてからは早速増毛の名所旧跡巡り

まずは朝ごはんを兼ねてお約束の増毛駅見学
画像
今年の4月に駅開業当時の面影になるようにリニューアルされたそうです。

確かに昨年来たときは夜でも中に入れ普通の駅舎そのままでしたが今年は夜は施錠されてました。
画像
外装が黒くきれいに塗り替えられてました。
画像
内部はグルメ食品加工さんの直営店になっていて
画像
このタコザンギが絶品でした♪
画像
そしてこちらの昔の写真とコメントが涙を誘いました(T-T)
画像
95年もの歴史があったのに残念です。

そしてここから初めて増毛の街を日中に歩きました。
画像
この風待食堂も観光案内所ということで中に入れました♪
画像
ノスタルジックな展示の数々に駅〜ステーションの写真がところ狭しと貼られていました。

食堂もかつてニシン漁が盛んだった頃のまま再現されていました。
画像
そして次ははす向かいのこちらの見学
画像
重文の旧商家丸一本間家です。

一般解放されているので入館料を払い内部見学に。
画像
ここは呉服屋だったようで反物が壁一面に並べられている部屋が一階正面にありました。
画像
番頭さんが二人(笑)

そして居室部分は裕福な旧家らしい落ち着いた雰囲気
画像
この窓から見える中庭が素晴らしく気に入りました。
画像
廊下も趣があって冬はこうも爽やかにはいかないのでしょうが夏のこの時期はとても気持ちが良さそうでした。
画像

画像
日本の家は夏をもってよしとすると言いますが北海道の家には当てはまらないかもしれませんね。

面白いと思ったのはこのふすま戸の上の欄間の障子
画像
普通隣と欄間でつながっていて空気の出入りがある部分ですが寒い北海道は熱が逃げて勿体ないので塞げるようになってるんですね。
他にも色々見所がありとても良いものを見させていただきました。

そして続いて知的好奇心探求の後は腹ごしらえ
その場で揚げてくれる鈴木かまぼこ店さんのかまぼこ
画像
熱々で美味しかった♪

そしてフルーツラボさんのアップルパイ
画像
サクサクでこちらも大変美味しゅうございました。

で、増毛の最後はここ
画像
国稀酒造の酒蔵です。
こちらも歴史的建造物ですが現役の酒蔵・販売店でもあります。
画像
道内ではなかなか人気な日本酒だそうです。

酒蔵も見学出来ます。
画像
試飲もできるのですが飲めないのと車なのとで近付きませんでした。

中にはこんな一瞬「?!」ってなって後からくるこんなのも
画像
リョータの髪を完璧に隠さなきゃダメだったな(笑)

そしてお客さんを入り口で出迎えてくれるのがこちらの酔いぐま
画像
怖いひぐまも酒を持たせたらこんなに愛嬌がでるとは(^_^;)

ここら辺で雨が振りだしたので増毛観光は終了。

ここからようやくソースケの希望通りに愛嬌の欠片もないあの熊を見に行くことに。

三毛別羆事件の再現地ですね。

三毛別羆事件の詳細はウィキペディアに詳しいのでそちらを参照願います。
でも、本気で怖いですよ(^_^;)


最後はすれ違い不可の砂利道になって焦りましたがかなり山奥まで進んでようやく到着
画像
車から降りて現場に向かいます。

早速あのでかいやつが登場
画像
大きさが分かりずらいので家族に下に来てもらいました。
画像
こんなのに襲われたらこんなわらぶきの家はひとたまりもないでしょうね。
画像
というか北海道の極寒の冬をこんな東屋みたいなので越せると言うことにも驚きました。

しかも北の国からの頃の富良野なんて都会に見えるくらい山奥ですから。
画像
こうしてますますヒグマが怖くなってこの場所から離れました。

その後は雑誌HOの半額入浴券を使ってはぼろ温泉サンセットプラザで入浴。

そこから人家がほとんど無いいつヒグマが出てきてもおかしくないような国道239号線を80km位ひた走り士別のこちらの現在地に至ります。

でも、結局ヒグマには出会えずでした(^^;)

やはり北海道のヒグマは洒落にならないねと思ったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
できたらこちらも・・・

アウトドアランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
三毛別の羆事件は、以前それをモデルにしたと思われる漫画がありましたね。あの漫画も怖かったです。
私はツキノワグマが出るという尾瀬の東電小屋に行って来ましたが、こちらも熊には会えずでした。ただ、紋別に住んでいる友人は、先日職場から3、4分のところでヒグマに会ったと写真を送ってきたので、まろぱぱさんも出会えるかもですね(´▽`)

2018/08/14 22:33
ウィキ三大文学のひとつ。もちろん読みましたよー。読後しばらくこわかったー。
現在八甲田にいるんですが「八甲田遭難事故」もウィキ三大文学のひとつです。その恐怖に浸ってます。未読なら是非。
まんぐー
2018/08/15 10:45
おはようございます、凸さん。
銀牙ー流れ星銀じゃあないですよね(^_^;)
確かにヒグマはこちらでは日常ですが、「熊出没注意」の重さが半端ないです。
本州なら、じゃあ気を付けよう!
ですが、
北海道なら、じゃあ止めとくか・・・になります。
まあこちらの人は多少慣れている気はしますが。
まろぱぱ(takakou)
2018/08/16 09:28
おはようございます、まんぐーさん。
Wikipedia読みましたよ。
読んで以来ヒグマ恐怖症です。
その後、グリズリーとかの動画を見たのもいけなかったのですが。
八甲田山雪中行軍遭難事件はまだ軽く流しただけで詳細読み込めてません。
甲府の寄生虫はテレビでやっていたのでこちらも軽く読み流しただけです。
現地に行ってみると見方も変わりますね。
まろぱぱ(takakou)
2018/08/16 09:32

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール
  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村
    北海道キャラバン3日目〜ソースケ完全復活で希望通りデカイあいつに会いに行く アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる