アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり明るいのが好き〜キャンプ用ヘッドランプラインナップ追加

<<   作成日時 : 2018/08/02 03:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日曜日の深夜にやっている進撃の巨人season3を見始めましたが、「あれ?巨人は?」って感じてしまったまろぱぱです。

ここでよく進撃の巨人と比較するゲーム・オブ・スローンズは、最初は人間同士のいざこざばかりでドロドロの人間の愛憎劇が際立ってましたが、最終的には共通の敵に向かってまとまっていくような雰囲気。

それに対し進撃の巨人は最初は勇ましく人類が団結して人類共通の敵巨人に立ち向かっていこう!っていう感じだったのに最近はあれ?敵は巨人じゃない?ってなっていて少し普通になったように感じてしまいます。

まあ両方ともまだ途中なのでどんなどんでん返しがあるかわからない面白さが多分にありますが。

なんにせよ日曜日の夜の寂しさを紛らせてくれるので有難い番組です。

早くゲーム・オブ・スローンズも最終章始まらないかな〜♪


ということで、現実に戻ると7月は初日の本栖湖以来アウトドアっぽいことは近所の散歩しかできていませんが、そのストレスからネットを徘徊することが多くなっています。

猛暑日の中、皆さん楽しそうに水遊びキャンプをしているのを見るとうずうずしてしまいます。

早く清流やきれいな湖で泳ぎたい〜と思いながら買いもしないのにアウトドアショップやお気に入りのお店のページを見ていて安くなっていたので思わずぽちっと行ってしまった物が本日到着。
画像
それはこちら
画像
もう累積では家族の人数分をとうに超えてしまっているヘッドライトです。


ここでまずは我が家のアウトドア用ヘッドランプの遍歴を振り返ってみましょう。

初代のペツルmio5は、2004年購入でクセノンランプで明るさ、電池の持ち両方とももはや今のLED製のヘッドランプの足元にも及ばず、しかもクセノンランプはすでにご臨終のようなので静かにご隠居頂くことに。
画像
当時は最強の明るさだったのですが・・・

2007年7月に購入した2代目のヘッドランプは最大100ルーメンのブラックダイヤモンドのアイコンというLEDランプでしたが、これも度重なる断線&自分での修理でどこかがショートしてしまい、電池を入れっぱなしだとLEDシグナルランプが点きっぱなしでいつの間にか電池が無くなっている状況になってしまいます。
画像
なので普段は電池を外しておき毎回使うときに電池を入れるのですがそれが面倒であまり使われなくなってしまいました。

2012年10月にリョータとシオリ用に購入したブラックダイヤモンド製の小型のヘッドランプはまだ現役ですがさすがに24ルーメンは夜のキャンプでは物足りなく、バンドも伸び伸びになってしまっています。
画像
それでもリョータにはこれしかないので使っていましたが・・・

2013年5月にFenix製の最大277ルーメンのヘッドランプを購入しこれまで私がメインで使用してきました。
画像
とても明るく遠くまで照らせ非常に重宝してきましたが、なんでも壊れる時は来るもので、ヘッドライトの角度を保持する小さい部品が破損し修復不能に。
何とかゴムで下を向いてしまわないように保持してますがいずれ完全に破壊しそうな予感がします。


昨年ソースケ用に1350円で購入したペツルE91Hティキナはこの値段で80ルーメンの優れもの。
画像
今も一応ソースケのメインヘッドランプです。

そして今年に入り楽天1位という触れ込みとその安さに釣られて購入してしまったのがN-FORCEというメーカーのヘッドランプ。
画像
日本のメーカーの日本製ですが記載の明るさにかなりの疑義は残るものの意外と使い勝手がよく、じゃんけん争奪戦の末、シオリがその使用権をゲットしました。

明るさは1000ルーメンですが、277ルーメンのFenixに負けそうなので200〜300ルーメン位かなと。
まあ、安かったので値段相応の明るさですね。


で、今回購入したのは私がLEDランプに関しては絶大な信頼を置くLEDライトプロショップのホルキンさんの訳あり品。

訳ありといってもパッケージの破損等のみで特に商品に問題があるわけでもなく。
画像
ホルキンさんの訳あり品は問題なく使える新品の商品ばかりでしかも結構安くなっているのでとってもお勧めです。

まずは、じゃんけん争奪戦に負けたリョータ用を想定して購入したこちら
画像
なんと通常200ルーメン、ブースト時335ルーメンを誇るのになんとお値段1680円税込なり。

こちらもパッケージの破損のためこんなお値段になってますがめちゃくちゃコストパフォーマンスが高いです。
もちろん中身は問題無しの新品
画像
通常は200ルーメンですがこれでも結構明るい
画像
そしてメインとは別のスイッチを押すとブーストされて335ルーメンが発揮されます。
画像
明るさは200ルーメンは間違いなく出ていると思いますがブースト時は電池が古いため実力を出せませんでした。
まあホルキンさんの商品なので明るさはまず間違いありません。

もう一つは私用♪(笑)
なんと明るさ最大1000ルーメン!
画像
ブランドも信頼のNITECORE(ナイトコア)製です。

形は従来通り電池ボックスが後ろに来るセパレートタイプ。
画像
明るさは表記に偽りなしです♪
画像
1000ルーメンは間違いないと思われます。

試しに夜の散歩の時に最大光量で家を照らしてみたところ
画像
スマホカメラでも手振れなくきれいに撮影できるくらい明るかったです。
これならクマに出くわしても目くらましで逃げる時間稼ぎができるかもしれません(!?)

これでこれまでメイン用に購入してきた物より安いので良い買い物ができました。

ちなみに訳あり品なので残りは少ないのですが一応リンクを載せておきます。
スポンサーリンク

特価品 訳あり品 パッケージ破損 内容品は新品です。保証付 NITECORE HA40 ヘッドライト【CREE XM-L2 U2 LED 搭載 / 明るさMAX1000ルーメン / 単3×4本使用】※電池は別売りです。

価格:4,580円
(2018/8/2 03:17時点)
感想(0件)


残りは1つかな。
通常品はこちら
スポンサーリンク

NITECORE HA40 ヘッドライト【CREE XM-L2 U2 LED 搭載 / 明るさMAX1000ルーメン / 単3×4本使用】※電池は別売りです。

価格:6,380円
(2018/8/2 03:17時点)
感想(1件)



リョータ用の方は残りあと2個
スポンサーリンク

特価品 訳あり品 パッケージ破損 内容品は新品です。保証付 JETBeam HP35 LED Headlamp 【CREE XP-G3 白色LED搭載 / 明るさMAX335ルーメン / 単4×3本】ジェットビーム

価格:1,680円
(2018/8/2 03:19時点)
感想(0件)


個数制限のない通常品はこちら
スポンサーリンク

JETBeam HP35 LED Headlamp 【CREE XP-G3 白色LED搭載 / 明るさMAX335ルーメン / 単4×3本】ジェットビーム

価格:2,280円
(2018/8/2 03:21時点)
感想(0件)


LEDランプの性能って本当に日進月歩ですね。
でも、こういう使える信頼性の高いLEDランプって中国メーカーとか欧米メーカーが多いですね。
なんで日本製はいまいちなんだろう?
やっぱり遊び道具を本気でまじめに作ろうとしないから?

最近中国メーカーも信頼性が高くブランドを確立しつつある所も多くなってきています。
DJI(ドローン)、Anker(バッテリー等)、Fenix、NITECORE (ヘッドランプ)等々・・・

本当に日本のメーカーも頑張って欲しいけど、こういう分野にはもう行かないのかな?

LEDランプってどこまで省エネでどこまで明るくなるんだろうと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
できたらこちらも・・・

アウトドアランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール
  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村
    やっぱり明るいのが好き〜キャンプ用ヘッドランプラインナップ追加 アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる