アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 日曜午後から弾丸秘境温泉&秘境駅ツアー・・・遠かった〜

<<   作成日時 : 2018/08/06 03:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

一瞬諦めかけるほど衝撃を受けた台風13号の進路予報でしたが、最近良い具合に太平洋側に反れる予報に変わってきて少しほっとしているまろぱぱです。
ちなみに今現在のアメリカ海軍気象庁の予報をまとめたものがこちら
画像
アメリカ海軍の日時は日本時間に修正済です。

多少時間はずれてますが、両モデルとも似てきましたね〜♪

これはなかなかの予想確度ではないでしょうか。
期待が持てます。

でも油断するのはまだ早いですね。

何にせよ、どのみち海は大荒れになって船は大変なことになりそうなので酔い止め等の準備はしておきましょう。

先ほど慌ててキャンピングカーのマルチルームとトイレの掃除を済ませましたが、これで大物の準備はほぼ完了で、あとはマルチルームのつっかえ棒がどうしても落ちてしまうのでその対策と持って行く着替え等を積み込むだけです。


ということで、本日はその北海道とは全く関連しませんが、あまりに暇なので奥三河への弾丸ツアーを敢行したご報告。

愛知県といえば日本一の工業県でトヨタ関連のイメージで工業地帯が多く人が沢山いると思われがちですが、少し北に車を走らせると本当にここが愛知県かと思う程山深く、まさに秘境といっても良いポイントが沢山存在します。

本日は先週から延期になっていた町内の集会所の草刈を朝6時から予定通り敢行。

朝6時から開始したというのにもう暑くて汗だく。たぶんさくっと30℃は超えていたと思われます。

草刈なので長袖長ズボンで臨んだのも辛かったところ。

皆で黙々と草を刈ったり、木の剪定をしたりして8時ごろには何とか終了。

日が昇ると灼熱になるのでこれ以上の作業は無理ですね。


で、午前中は寝不足と作業の疲れでシャワーを浴びたら朝寝&昼寝。
本当に疲れました。

でも、午後になってずっとゲームやYouTubeばかりの子供たちを見てこれはまずいと皆でドライブに出かけることに。

一応目的地は愛知県の東三河地方の小中学生に配られる「ほの国こどもパスポート」を使って子供たちが無料で入れる温泉から唯一行ったことのない豊根村の「湯ノ島温泉」に設定。

これだけ奥三河を走り回って日帰り温泉にも入りまくっているのになぜここの温泉だけ入った事がなかったのか不思議でしたが、それはこの日行ってみてすっきり判明しました。

なんだかんだと出発は14時頃。
まず151号線を北上し飯田線東栄駅付近で県道1号線へ

そこからひたすら県道1号線を飯田線に沿って北上し、浦川、河合、佐久間と進んで期せずして通過したのがここ。
画像
佐久間ダムです。

このダムは天竜川をせき止め日本第9位の高さと第8位の総貯水容量を有する日本屈指の巨大ダムで、戦後日本の土木技術史の原点となった日本のダムの歴史に刻まれる事業だそうです。

アンチダムの私にはそんな技術いらん!って言いたいところですがやはりこうしてみると圧巻。
画像

でも、現にこのダムが作る人造湖の佐久間湖は天竜川が運んでくる膨大な砂が堆積し堆砂の虚所はあちこちで行われているにもかかわらず到底追いつかず本来の貯水機能を果たせなくなりつつあるのは目に見えて明らかでした。

本来は遠州灘に流れて行ってウミガメが産卵にやってくる中田島砂丘を維持する砂がここに堆積していってしまっているので、中田島砂丘は年々細っていっているのは問題になってますね。

そして堆砂除去が追い付かなくなると貯水機能が無くなり、このダムもいずれダムとしての寿命を終えることになるのですが、日本にはここまで巨大なダムを撤去した前例はありません。

きっと作った時以上に巨額な費用と高度な技術が必要でしょう。
そして撤去方法によっては環境への影響も甚大なのでそう簡単には実施できないでしょう。

なので堆砂除去に税金と投入し続けなくてはいけないのですが、それもいつまで可能か・・・

まさににっちもさっちも行かないとはこのこと。
八方ふさがりな状況。
折角こんな立派な建造物を作ったのにね〜。
画像
作るときによく考えないからこうなる。
画像
もし東海地震がこのダムの耐震許容を越えたら・・・考えたくもありません。

ダムの上流側の佐久間ダムは先日の大雨の影響かほぼ満水ですが
画像
最近の猛暑をにらんで放水は殆どされておらず下流は水がちょろちょろ流れるだけの小川状態。
画像
本当にこの辺りの川は水枯れ川が多かったです。

文句ばかり言いながらしっかり観光はしましたが、観光施設としては環境への負の影響とコストパフォーマンスが悪すぎでしょう。

ここの工事のアクセスの為にこういうトンネルがいくつもいくつも開けられていますし。
画像
このトンネルからは超涼しい風が出てきていて気持ちはよかったです。

ここからこのトンネルを通って佐久間湖沿いの県道1号線を走り続けるのですが、まさにこの道が酷道。

景色もさほどよくない上に不規則なワインディングの連続が延々続きます。


ここへ来て目的地に設定した豊根村の湯の島温泉に入ったことがない理由が分かりました。

あまりにアクセスが悪くて距離の割に時間が掛かりすぎるからでした。

湯の島温泉はかつて日本で一番小さい村として一部で有名だった富山村にあるのですが、この県道1号以外の道でここにアクセスできるのは、県道426号線という山越えのアップダウンにワインディングが激しい山道のみ。

なので我が家からここまで直線距離で60km足らず。実走距離でも90km程度なのに3時間以上かかりました。

若い頃、南信州で遊んだ後にこの県道1号を通って帰路についたのですが、運転が楽しかったインプレッサをもってしても途中でこの道がとても嫌になり、何とか別の道に行けないかとナビとにらめっこしたのですが、どこにも逃げられる道はなく・・・まさに泣く泣く運転して帰りました。

それがキャンカーだとさらに最悪。
さすがのリョータとシオリもダイネット席でもう嫌だと。
それくらいひどい道です。

苦労して目的の湯の島温泉に到着したのは17時も半ばを過ぎた頃。
画像
とても空いている上、広さも十分です。

温泉施設は分かりにくいですがこのトイレの後ろにあります。
画像
温泉の建屋
画像
その手前の別棟で受付。
画像
中学生以上420円、小学生310円(未就学児無料)ですが、更にリョータとシオリは穂の国パスポートを持っているので無料になって、大人2人分の840円だけで温泉に入れました♪

温泉建屋に入ると湯船への扉が開け放たれたやや古めの脱衣所が。
画像
普段は必要ないと思われるのですがエアコンなんてものはなく、大きな扇風機が回っておりましたがやっぱり暑かったです。

でも、お風呂は泉質、雰囲気ともとても良い感じです。

先客が出てしまい貸し切り状態になったので久しぶりの入浴ショット(笑)
画像
ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉でかけ流しではないようですが温泉成分はとても濃くいいお湯でした。
もちろん露天風呂もあります(冬季は露天風呂は閉鎖)
画像
ちょっとアブは多いけどこの時期に有難いぬるめのお湯で長く入っていられました♪
画像
ちょっとアブが多いのが玉に瑕でしたが。

でも夕方でヒグラシがカナカナ鳴いてとても良い雰囲気でした。

今回は利用しませんでしたが、もう少し時間があって涼しければここでゆっくりしてみたかった休憩所
画像
駐車場の奥には広場があってさらにトイレらしきものも見えたのでここはキャンプ場を目指したのかもしれません。
でも本当にここにオートキャンプ場を作ったら温泉もあるし人気出そうなのに。

ここで晩御飯を食べるところはないかと旧富山村の中心地へ向かいますが、時間も遅くそもそもお店も少ないので食材すら入手できず・・・

しかし折角ここまで来たのだからと飯田線の秘境駅(秘境度は低めですが)を見学に。
画像
5年位前にリョータとシオリを連れて南信州からの帰りにここの駅にも立ち寄ったのですが、ソースケはたぶん初めてだったと思います。

無人ですが駅舎はとても立派です。
画像
車は無料でこんなに近くに止められます。
画像
無人駅でトイレもあるので車中泊も可能かも。
それになんといってもこの駅の周辺には人が全く住んでいません。
画像
周囲には鉄道関連の建物しかなく人が常駐している場所もありません。
画像
旧富山村中心地からも1kmくらい離れているので本当にこの駅には人の気配がしません。

でも我が家の近くの豊川経由で豊橋まで通じているのが不思議な感覚です。
画像
反対方面は諏訪湖まで行こうと思えば行けちゃいます。
かつて奥さんと二人で青春18きっぷを使って諏訪まで行った経験あり。

今度、リョータとソースケ連れて青春18きっぷで行ってみようかな。

超ローカル線なのでしばらく電車は来ません。
画像
そんな駅の駐輪所にはなんと無料のレンタルサイクルができていました。
画像
ここに遊びに来るなら青春18きっぷで電車でやってきて自転車で旧富山村の中心地まで行ってウロウロするのが楽しいかもしれません。

キャンカーでは入れない山道や路地へも行けるので。

それかここにキャンカーを止めて自転車を借りて街まで行くのも良いですね。

何にせよこの辺りは極小コミュニティや秘境駅の宝庫なのでいつかもっとディープに探索してみたいスポットです。

奥三河から南信州にかけてのエリアは関東平野出身の私からするとありえないところに人が沢山住んでいるとても不思議で楽しいスポットなのです。

次は弾丸ではなくもっと時間を掛けてやってきましょう。

アクセスは悪いが故の秘境ですがその秘境を楽しめる余裕が今の日本にはもっと必要だねと思ったらポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
できたらこちらも・・・

アウトドアランキング
どこでもかんでも高速道路や新幹線を通せばいいってもんじゃないですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あー、あの道ですね(* ̄∇ ̄*)下栗の里や遠山郷の帰りにその道で帰ったことがあります。あれ、よくキャンカーで走られましたねー。うちがキャンカー躊躇する理由は、そういう道が辛いからです・・(ヴェルファイアでも結構辛いですが。)
奥三河好きなんですけど、うちがある西三河南部からなかなか遠いんですよね。
ダムカードは貰いました?うちは積極的に収集はしていませんが、ダムがあるところに行ったら記念にもらっています(^^)
りょうこ
2018/08/06 22:06
りょうこさん、こんばんは。
インプレッサでもあの延々と続く長さと不規則なワインディングは最後の方は苦行でした。
キャンカーだと全く楽しくありません(^^;)
でも後部座席は知りませんがなんとか慣れますよ(笑)
西三河は車も多いから移動も大変ですよね。
ダムカードは貰ってません。
昔から大のアンチダム派なので貰いません。
でも子供たちはカードならなんでも貰いそうですが(^^;)
まろぱぱ(takakou)
2018/08/06 22:42

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール
  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村
    日曜午後から弾丸秘境温泉&秘境駅ツアー・・・遠かった〜 アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる