アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ガイヤの夜明け「フェリー 時代の波に乗る」で思い出した2018フェリー旅

<<   作成日時 : 2018/09/21 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

部屋の中に手の平くらいのアシダカクモがいて、ゴキブリ等を食べてくれる益虫だとは理解していてもやっぱり気持ちが悪いまろぱぱです。

シオリは昨晩寝ていて手に触れたそうで、さぞかしビビったことでしょう。

小学生の頃、夏休み毎に30日くらい山口の父方の祖父母の家に一人で疎開していた時期があったのですが、その当時の祖父母の家は土間があり、トイレはボットン便所でお風呂は薪で沸かす本物の五右衛門風呂、そしてご飯は毎日かまどと薪で炊くという、トトロを地で行く昭和初期な家だったのでした。

その家は御多分にもれず昆虫天国で、ムカデこそ見ませんでしたがあのアシダカグモがあちこち徘徊する恐怖の館でした(^_^;)

まあ、さつきとめいのように蚊帳を張って寝ていたのでその中は安全地帯でしたが。

祖母に退治してくれと言ってもゴキブリを退治してくれる良い虫だと言って取り合ってくれませんでしたが、寝ている部屋の壁とかに張り付いていたり、薄暗い五右衛門風呂の浴室にいた日にゃ、絶叫もんで、やっぱり小学生の自分には良い虫だと思うのは無理でした。

本当に恐怖以外の何物でもなかったです。

それがトラウマになっているのか、今でも彼らを見るとぞわっとしてしまいます。

で、先ほどさすがにあまりに大きすぎて精神衛生上と家庭の平和上、宜しくないので申し訳ないけどなんとか室外にご退出頂きました。

だってこんなに大きい奴なんだもの。
画像
右横にあるスイッチと比較していただければその大きさが分かるかと思います。

でも、本当にゴキブリを全滅させてくれる益虫なんですよね・・・

もう少し姿かたちが愛らしければ・・・
せめて凛々しければ・・・
まあクモなのでやっぱ無理か。

苦手な方はこの方のイラストを見てもらえばもしかしたら少しは親しみがもてるか・・・も

怖くないよ!アシダカグモの本心知って 生態描いたイラストが面白い



そんな本当は良い奴だけどあまり良い印象を持たれていないタカアシグモがたぶんいないであろう北海道からの
復路にお世話になったフェリーのお話。

先週の火曜日9月11日にテレビ東京系列で放送されているガイアの夜明けでフェリーの特集がありました。

折しも北海道の後に放映された番組。

あの地震と大停電でほとんどの交通機関がマヒしている中、フェリーだけは動き続けて救援物資や本州からの自衛隊などを送り届けていたと。

そしてかつて主流だった雑魚寝の大部屋は最近はどんどん少なくなっていて、ホテルのような豪華な個室が主流になりつつあるそうです。

私も幼少の頃山口へ帰省するときに乗ったフェリーのイメージは雑魚寝部屋。

でも、自分で予約をしてフェリーに乗るようになってから雑魚寝を経験したのは、2007年の函館〜青森、2009年の函館〜大間の津軽海峡フェリーのみ。

2007年の北海道からの復路の津軽海峡フェリー
画像
北海道→青森で7月なのでガラガラでした。
画像
我が家のATOMがぽつーんと。
まろは車内待機でしたがこれだけ空いていたら安心ですね。
ちなみにこの時の津軽海峡フェリーは車両甲板にも降りられましたね。

個室じゃないのでデッキで海を眺めていることが多かったです。
画像
この後、青森から酸ヶ湯温泉に入り、十和田湖〜奥入瀬渓谷散策、そして秋田の乳頭温泉に浸かって、中尊寺金色堂を見てから高速で帰宅というルートでした。

そしてシオリが生まれた翌年の2009年にも大間々で利用しています。
画像
シオリも加わって大はしゃぎなフェリー旅でした。
画像
ここから大間に上陸し恐山見学してすぐに高速に乗って、途中栃木で鹿の湯に入って夜中につくばを徘徊してから帰宅というルートでした。


で、2010年以降の新日本海フェリーでは常に個室を利用してきました。

そもそも敦賀−苫小牧の新日本海フェリーの新造船すずらん・すいせんには大部屋の個人利用の設定がありません。

そして時は移って2018年夏の北海道キャラバン往路では初めてデラックス和室を利用♪
画像
広々でかつトイレに洗面所にユニットバス
画像
そして冷蔵庫にテレビ(BS付き)もあり、
更には専用テラスまでありもはや旅館以上でしたね。
画像
一応ツーリストAルームも確認
画像
一人とか二人なら全然ありですね。
プライバシーも確保されていてとてもよく眠れそうです。

学生の頃にこんなツーリストルームを使って一人旅でもしたかったな〜。
もしかしたら素敵な出会いが♪(笑)

でも、やっぱり本当にこの時がこの夏のキャラバンのピークだったかな(笑)


長くなってきたので寂しい2018年復路フェリー編詳細へ続く

昔の大部屋も懐かしいけどやっぱりプライバシーのある個室は良いねと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
できたらこちらも・・・

アウトドアランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール

  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村

    Instagram
    インスタグラムはここ

    ガイヤの夜明け「フェリー 時代の波に乗る」で思い出した2018フェリー旅 アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる