アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 例の手塚治虫文化賞受賞作品にほろり

<<   作成日時 : 2018/10/13 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

朝から町内の神社の秋季祭礼に向けた大掃除で肩が痛いまろぱぱです。

先日の台風24号等の影響で、町内の神社の周りの竹や木が倒れたり倒れ掛かったりしていたので、朝から皆でそれらを切り出して廃棄処分にしていたのですが、その竹や枝を切って捨てるために投げ続けた結果、握力が無くなり右肩が回らなくなりました。

なのであくまで四十肩とかではありませんからね〜

ということで、午前中は竹切りや竹投げでヘロヘロに疲れて、午後からも一瞬だけなのですが、秋季祭礼の前のお参りがあったので全くどこにも行けない1日でした。

キャンピングカーも1mmも動かしていません。

っていうか車にすら乗っておらず町内から1歩も出ていません。


そんなやさぐれちゃいそうな状況ですが、先日BE-PALと一緒に注文していたこちらのマンガを読んで少し心に安息をもたらすことができました。
画像
お笑いコンビ「カラテカ」のボケ担当の矢部太郎さんの「大家さんと僕」です。

個人的にはカラテカというコンビにも矢部太郎という芸人にもそれほど関心はなかったのですが、大家さんとの交流を通じて売れない芸人の苦悩や、自分にいまいち自信が持てない人間の心の内が垣間見えてなかなか面白いマンガだと思いました。

昔から私は何事にも自信に満ち溢れている立派な人が苦手で、少し自分に自信がないくらいの人の方が人として好きで、そういう人とばかり付き合ってきたような気がしてます。

ただ自信がなさ過ぎて卑屈になったり周囲にネガティブな影響しか及ぼさないような人は論外ですよ。

カラテカの矢部さんもまさに自分に自信がない筆頭格のような人で、芸人として面白くなくても個人的に友達になりたいと思うのは彼のような人です。

他には最近キャンプ芸人として一部で絶大な人気を誇りつつある自虐ネタのヒロシさんなんかもネタも好きですが人としても友達になりたいと思える人です。

ということで、内容は読む前に想像していた大家さんと、実際にマンガに描かれていた大家さんとのギャップはあったのですが、全体として大家さん87歳にリードされ続けている矢部さんにはほっこりさせられるし、その付き合い方の自然さにほのぼのさせられるので、人間関係に疲れてやさぐれそうな人は一度読んでみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
大家さんと僕
新潮社
矢部 太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

人間関係って色々な形があるねと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
できたらこちらも・・・

アウトドアランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いえいえ、それを五十肩と言うのです。
水戸のT
2018/10/14 22:16
こんばんは、水戸のTさん。
いやいや古傷がうずいただけですって〜(^_^;)
まろぱぱ(takakou)
2018/10/14 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール

  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村

    Instagram
    インスタグラムはここ

    例の手塚治虫文化賞受賞作品にほろり アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる