アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 台風24号の影響と次の台風の行方

<<   作成日時 : 2018/10/02 05:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

台風24号が過ぎ去ったばかりですがその後を追うように進んでいる台風25号の進路が気になって仕方がないまろぱぱです。
画像
出典:気象庁台風情報
う〜ん、ちょっと雲行きが怪しい経路ですね・・・

台風の勢力も
中心気圧 915hPa
中心付近の最大風速 55m/s(105kt)
最大瞬間風速 75m/s(150kt)
と24号に劣らないので進路的には少し逸れそうですがこちらも最大限の注意が必要になりそうです。

気田川ピンチか・・・

なんだか夏からここは台風ブログみたいになってますね。
それくらい今年は夏から台風にやられっぱなしです。

だいたい9月の内に台風が25号まで発生するなんて多すぎやしませんか?

で、過去データを調べてみたら9月までの発生数として今年より多い年は
1966年 27号 (年間35号)
1965年 28号 (年間32号)
1994年 28号 (年間36号)
1971年 30号 (年間36号)
1967年 31号 (年間39号)
の5年のみ。
詳細はこちらの気象庁を参照願います。

最多は年間、9月までを通して1967年で、私の生まれた年も9月までに31号も発生していて多かったんですね。

1967年は7月に7個、8、9月でそれぞれ9個も発生しているという。

3〜4日に1個の割合で発生となると毎週台風どころではないですね。

私が生まれた年の生まれた月の9月も6個も発生していたのでさぞかし両親も気が気じゃなかったことでしょう。

今年はそれらに比べればまだましですが、ここ20年では最多発生ペースです。

ということで、台風24号は大雨は30日の23時頃にはピークを迎え、それ以降は暴風のみでしたが、そこから長い停電生活が始まり、結局停電が解消されたのは翌朝6時10分でした。
画像
台風一過の青空・・・とはいかず晴れ間が覗いた程度の朝でした。
色々気になってよく眠れず盛大に睡眠不足状態でした。

しかし、我が家が停電解消したのは比較的早い方だったようで、その時点でまだ豊川市内で36000戸以上、豊橋市は104000戸以上、浜松市は230000戸以上が停電中でした。

参照は中部電力停電情報より

近所に大き目な病院があるのがポイントだったかも。

今でもまだ愛知県でも2万戸近く、長野県でも1万戸近く、そしてなんと静岡県では18.6万戸も停電中のようですね。
一刻も早い復旧を願います。

そしてそんな中、子供たちはそれぞれ学校、幼稚園に向かいましたが、
幼稚園は停電で連絡が付かないので復旧の連絡があるまで自宅待機。

小学校は電気は復旧していたのですが、給食センターが停電で給食が出せないため3時間の午前中のみで帰宅。ガラスが割れたわけではないですが、雨漏りで教室がびしょびしょだったそうです。

そして可愛そうだったのはリョータの中学校でせっかく登校したのに停電だったのでホームルームのみの1時間で帰宅してきたそうです。


それなら会社もか!?と少し期待しながらも一応出社することに。

近所は一見何も変わったところはなかったのですが、少し離れるといまだに停電していて電気の付いていないコンビニや、電気の来ていない信号がところどころに散見されました。

結構大きな通りの交差点でも停電で信号が動いていませんでしたが、警察官も誰もいない危険な状況。

そんな状況でも皆さんきちんと譲り合って事故もなく交差点をやり過ごしていたのは大したものだなと感心しながら会社に到着すると・・・普通にやっておりました(^^;)


ずっと動かし続けていて、停電になると止まってしまう装置があったのですが、それも動き続けていたので瞬停すらなく電気はずっと来ていたようです。

うちの事業所には非常電源の類はないはずなので、さすが大きな工業団地の一角なので電気的には優遇されているのかと思いました。


しかしその工業団地から離れた別の事業所は始業時間になっても電気が復旧せず、出社した社員は帰宅させられ1日自宅待機となったようです。
もちろん出勤扱いで。
ちょっと羨ましい(笑)

目立った被害はなかった会社ですが、建屋に少し被害があったようです。
画像
テラスの天井部分が剥がれ落ちてました。
人のいない時間帯で良かったです。

他に被害は会社の構内から外に向かって倒木があったくらい。
画像

昼の散歩に近所の様子を見て歩きましたが、お寺の古い木が倒れていたくらいで他には大きな被害はなさそうでした。
画像
ひとまずはこの辺りは大きな被害は停電だけだったようです。

また次の台風も後ろに控えていて再びやってくるかもしれないので、壊れそうな個所の修理とかはなるべく早めに済ませた方が良いですね。

台風が全く来ないのも降水量的にまずいですが、こうも頻繁にやってきて毎回直撃するのは勘弁してほしいねと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
できたらこちらも・・・

アウトドアランキング
ちょっと秋雨前線を刺激するくらいでかすめる程度に足早に通り過ぎていってくれるのが理想的ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
まろぱぱさんの職場は、特に大きな被害が無くてよかったですね。うちの職場も被害はほとんどありませんでしたが、昨日・今日と停電で商売あがったり。停電だと、ポンプが停まってしまって水の供給もできなくなるので、電気と水というライフラインが同時に停まってしまうということが分かりました。とりあえず、キャンプ用のタンクとカセットコンロを持ち込みましたが非常に役に立ちました。キャンカーではさすがに出勤しませんでしたが、コンセントが使えるという点では、こうした非常時にキャンカーを持っていることはとても心強いということも分かりました。あとは、我が家は発電機がないので、それがあれば完璧かなー。

2018/10/02 21:08
こんばんは、凸さん。
静岡県西部は浜松を中心にいまだに停電が続いていてとても辛いですね。
風もそちら側がとても強かったようで。
我が家はとりあえず停電中でも水道だけはつかえていたのでトイレとか色々助かりました。
井戸ではなく水道だと水道管に水圧が常時掛かっていて蛇口は開閉の役目しかしないので停電に関係なかったのかなと考えています。
井戸水やマンションとかだとポンプで水をくみ上げる必要があるので停電即水停止となるんでしょうかね?
実際に出番はなかったのですが停電の際にはキャンカーの存在自体が非常に心強かったです。
発電機は燃料を準備しておかないと役立たずですよ(笑)
かといってあんまり長期間保管しておくと腐るし・・・悩みどころです。

まろぱぱ(takakou)
2018/10/03 01:39

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール

  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村

    Instagram
    インスタグラムはここ

    台風24号の影響と次の台風の行方 アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる