ウッドデッキリニューアルはシオリの居ぬ間になんとかほぼ完了

7日間の夏休み前半が終わり明日から2日間だけ会社に出社しますが、その後計画休暇も合わせて再び9連休なので全く悲壮感はないまろぱぱです。

天気が良くてしかも世間の休みとずれているこの7日間にどこにも出かけられなかったのは本当に残念でしたが、苦労して取り組んだウッドデッキの大幅改修が何とか形になりなかなかの達成感を味わうことができています。

ウッドデッキは我が家の大切なスペース(物置として(^^;))なので、結果的にこの作業は集中して取り組めてよかったかなと。

普通の週末だけの作業だと作業がぶつ切りになってしまい準備に後片付けに余計な工数が増えるのでいったいどれだけ日数が掛かったことか・・・
天候にも左右されるので雨の日はできませんしね。

その間、ウッドデッキ上の物を雨ざらしや直射日光の下に置いておくのは我が家的には無理なので。
カブトムシとか、エビのアクアリウムとか、カブトムシの幼虫とか、クワガタとか、カブトムシとか・・・(^^;)

本当に晴れが続いたこの夏休みがベストなタイミングでした。


今はSNS等で北海道や川や湖の画像・映像を見てもそれほどうらやましくはありません(笑)

まあ、この後北海道が待っているのなら最高なのですが(^^;)


ということで昨日は夏休み前半最後でしたが、シオリが小学校の野外学習のため朝から学校へ見送り
01シオリの野外学習送り.JPG
リョータの時も見送りに行ったのですが、シオリは嫌がってましたね(^^;)
まあ、小学5年生の女子なのでそういうお年頃かと。

なのでカメラ目線の写真は撮れず(TT)

校舎の日陰で出発式が行われ
02集合して出発式.JPG
バスに乗るため移動。いってらっしゃ~い。
03いってらっしゃーい.JPG
この後すぐにソースケのプール送りのため再びここに来るのでした。

ソースケを送り届けたら、作業再開。
前日の終わりの状態はこちら
04本日のスタート状態.JPG
完全に油断していて雨が降るなんてこれっぽっちも考えておらず木材に普段ウッドデッキにおいてある諸々の物が野ざらしだったのですが、夜に突如の雨。

それも結構しっかり目な降り方。

慌ててキャンカーのオーニングを展開し、カブトムシのゲージや子供たちの自転車に遊び道具たちをその下に避難した結果がこちら
05前日夜のにわか雨対策でオーニング展開.JPG
さすがに木材は諦めて翌朝乾かすことに。
まあウッドガードは塗ってあるので少々の雨では問題ありませんが。

そして昨晩の雨が嘘のような猛暑の下、作業開始。

本日はサンルーフの支柱が乗っている板材の交換という難作業をこなさなければなりません。

折戸パネルのレールやらその他いろいろな個所のネジを外しまくり、こんなジグをこしらえて支柱を持ち上げ気味に支えて、すべての釘ネジを外して板材をひっぱると傷んでいた板材がするするっと♪
06今回一番の感動ポイント.jpg
その抜けた時の感動たるや♪
この夏休み一番の熱盛ポイントでしたね(笑)
07サンルーフ柱の下の板がするすると抜けた.jpg
この後も、奥さんと二人でしばらく作業を続け、リョータが帰ってくる前にウッドデッキ本体の最前列の束柱と根太の設置完了。
08デッキ最前列の束柱と根太に階段用束柱設置完.jpg
リョータが部活&サマースクールから帰ってきたらそのまま利用する古い板材の塗装を任せます。

その間にウッドデッキ前面の階段のための束柱と根太の設置を開始。
09階段の根太設置開始.jpg
概略高さ合わせとなんちゃって水平出しに手間取りながらもなんとか完了。
10最後の根太まで完成.jpgまあ結局盛大に斜めになってしまいましたが・・・水平出しは重要ですね(^^;)

ここから急ピッチで作業が進み、階段の上板をステンレス製の木ネジ(コーススレッド)で固定し、さらにデッキ本体の上板も固定開始。
ここでステンレス製のコーススレッドが足りなくなり急きょ近くのホダカに買い出し。

カーマホームセンターと同じグループながらカーマでは売っていなかったステンレス製のコーススレッドのお得な箱入りも販売していてネジの種類はこの近辺最多でした。

ホダカに最初行った時は道具はプロが使う仕様の物が多く値段もそれなりなので敷居は高いと思ったのですがDIYには最適なお店でした。

しかしステンレス製のコーススレッドはやっぱり高い・・・
このネジだけで6000円位出費してしまいました・・・

そして晩御飯の時間を押してまでリョータと一緒にデッキ上板のネジ打ちを続け何とか暗くなる直前にデッキ本体の施工が完了。

サンルーフの折戸パネルのレール等も設置しなおし何とか作業を完了することができました。
11何と完成.JPGこれで今後来ると思われる台風に耐えられる状態まで戻りました。

こうやって見ると完璧に完成したように見えますが・・・フラッシュを点けると(^^;)
12下段の幕板が足らず.JPG階段の幕板がありません。
残念ながら板材がちと足りませんでした。
上板の痛み具合が予想以上に悪かったのが多くて。
外した板材で使えそうなのを保管しておいて、東北キャラバンから帰ってきたらその板材で幕板を作りましょう

それにこちらの庭木周りのデッキの処理方法も今後に持ち越しです。
13ここの処理方法も決まらず.JPG
こちら側にウッドデッキを拡張したいのでまたその時どうするか考えたいと思います。

こうして多少仕掛の部分もありますが、こうやって見ると新品時の思い出がよみがえってきます。
14新品みたいで嬉しい.JPGなんだかその当時に戻ったようでうれしいです。

しかしまあよくよく見ると上板のすき間はバラバラだし、板材は反って真っすぐじゃないし、
15よくよく見るとあらは沢山あります.JPG
あちこち水平は出てないし、塗料の塗りムラは盛大にあるし完全な素人作業ですが、家族みんなで作り直したことでより一層愛着が湧きそうです。
16心地良い達成感に包まれて.JPG
何より、たぶん最初に施工してもらった時と同じかそれ以上に丈夫になって耐久性も上がっている気がするので、後は今回交換しなかった板材の状態を見て適宜交換していけば結構長く使えるのではないかと。

上板を外してみて分かったのですが、根太も束柱も全く塗装がされていませんでした。
よくよく考えたら最初から塗装はされてなかった気がしてきました。
施工業者が庭で塗装をしていた記憶がありません。

今は無くなってしまったエクステリアショップですがDIY以下の仕事ぶりだったのでそれも納得ですね。

今回、改修のコツはつかんだし、改修が簡単にできるよう釘ではなくステンレス製のコーススレッドを使ったので次はもう少し楽でしょう。
なんといっても今回板材のくぎ抜きが一番時間が掛かりましたから。

そして将来的にはアイアンウッドで作り直したいなと。
その時にはもう少し水平とか平行を気にして施工しましょう。


デッキの上はしっかり塗ったウッドガードがまだ完全に乾いていないのでデッキの上の荷物たちは前の晩同様こちらのオーニングの下で保管。
17乾ききっていないので一応サイドオーニング展開のまま.JPG

玄関から振り返ると何かキャンプに来ているような気分になります♪
18キャンプ場に来ているよう.JPG
とりあえずこれで心おきなく東北キャラバンに出かけられそうです。

あとは台風10号の行方次第か・・・
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アウトドアランキング


この記事へのコメント

水戸のT
2019年08月08日 20:22
お疲れ様でした。根太木まで手を付けたのですね。我が家は3年毎に塗装(一回塗)し、板は駄目になったのを1枚づつ交換してます。娘の落書きで名前が塗装されていますが、、、。
2019年08月09日 01:02
こんばんは、水戸のTさん。
以前我が家にいらしたとき、腐りかけたウッドデッキを見て「やっぱりこうなるのか~」って言ってたので止めたのかと思いましたが、やっぱりウッドデッキは設置されたのですね。
Tさんちのライフスタイルならウッドデッキは大活躍しそうですね。
我が家も最初は2年毎、下手すると毎年塗装していたのですが、痛みがひどくなるにつれやらなくなって、いつか大規模改修をする、すると言いながらここまで来てしまいました。
その代償が猛暑日4日間の悪戦苦闘です(笑)
何とか改修できて良かった・・・
本当に根太に束柱までダメになる前にメンテナンスがベストなんですよね。
そしてデッキを設置したとき、デッキ材の選択肢としてハードウッドもあったのですが、10~20万円ほど高かったので安かったレッドシダーにしたのですが、勢いでハードウッドにしてしまえば良かったと今になって思います。
落書きに名前、Hちゃん、やりそうですね~(笑)
手伝った証を残したかったのでは?