アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家のお気に入り北海道キャンプ場ベスト10(5位〜1位)

<<   作成日時 : 2017/05/25 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日懲りずにノーガードでTOEIC試験を受けてあえなくKO負けを喫したまろぱぱです。
新しいTOEIC試験、さらに難しくなってますます歯が立たなくなってきた感が強いです。
本当に毎回言ってますが、まじめに勉強しましょう。

この反省をするために受けてます、TOEIC(爆)

反省だけなら猿でもできる(笑)


ということで昨日の続きのランキング紹介。

キャンピングカーでのキャンプ場利用という基準で考えるので温泉付き、もしくは近隣に温泉施設があるキャンプ場が上位にランクインしています。

北海道キャラバンでは短時間で設営を済ませる為、サイドオーニングを展開するだけのスタイルが多いのですが、このスタイルは設営時間が短い反面、一度設営したら車が動かせなくなるという欠点も。

なので、設営したら腰を落ち着けてのんびりしたいので入浴施設は歩いて行ける範囲にあって、できたら温泉だと嬉しいんです。

そしてキャンプ場とその近辺だけで楽しめるアクティビティがあればなお良し。
きれいな湖とか、川とか、海とか、軽登山ができる山とか、いっそのこと遊園地とか(笑)

このスタイルではキャンプ場を中心に車で周辺を観光するという事ができないので、我が家では3泊以上のキャンプというのをこれまでしたことが無いんです。

どんな楽しい場所でも3日も同じところで同じようなことを続けるのはなかなか・・・

夏に水のきれいなキャンプ場で完全に水遊びをすると決めれば3〜4日くらいずっと遊んでいられそうですが。

ただ基本的に、何か他に楽しいところがあるのではないかと思考してしまう動き回りたがりの貧乏性なもので結局一か所に留まっていられないかな(^^;)


ということで前置きが長くなりましたが、北海道キャンプ場の我が家のお気に入りベスト5報告行ってみましょう。


昨日アップした10位から6位はこちら
我が家のお気に入り北海道キャンプ場ベスト10(10位〜6位)



第5位 びふかアイランドキャンプ場
画像
道北の入口、旭川から約100kmほどまっすぐ北上した場所にあります。

こちらも日帰り温泉施設「びふか温泉」が併設された北海道でも人気の高いキャンプ場です。
画像
温泉も大人400円とリーズナブルで我が家は2010年、2013年、2014年に利用しています。

2500円で電源付きの個別サイトのオートサイト
画像
サイト間隔が非常に広いです。
画像
そして500円のフリーサイト
画像
こっちはリーズナブルで人気です。
どちらも車が横付けできるオートキャンプができます。

トイレももちろん清掃が行き届いていてきれいな水洗トイレです。
画像

ここはトロッコ王国へ行くときに拠点とすることが多かったキャンプ場です。




第4位 支笏湖美笛キャンプ場
画像
しっかりしたゲート付きの管理棟
このキャンプ場は透明度日本一になったこともある支笏湖湖畔にあって、北海道の空の玄関口千歳空港から約50km、札幌からも100km以内と都会に近いのでこれまた大人気のキャンプ場です。

こちらは我が家が北海道で最も多く利用しているキャンプ場で、2006年、2007年、2012年、2013年、2014年、2016年でそれぞれ1泊ずつの計6泊もしています。

ここは近年千歳に住んでいる奥さんの旧友家族と会うために最近は毎年のように通ってます。
画像
なんといっても魅力は支笏湖でのカヌーや水遊び
画像
朝日もきれいです。
画像
夏休み前だとこんな感じで湖畔サイトもまだ空いてますが
画像
夏休みや休前日は大賑わいになります。

2007年頃の北海道が夏休みに入る前にはこんな感じで空いていたのですけどね。
画像
炊事場は虫が多いですがまあまあきれいで、トイレは水洗です。
画像
入口に網戸があって虫が侵入しにくいようになっています。

温泉は歩いていける場所にはなく管理棟にあるシャワーも19時までと短時間なので、ここでシャワーを浴びたことはないかも。
いつも翌日の朝にどこかで温泉に入ってます。

今年は釣りでもしようかな。


第3位 中川町オートキャンプ場「ナポートパーク」
画像
こちらは美深よりさらに50kmほど北上した道北にあって、電源付きサイトで1500円、キャンピングカーサイトで2000円とコストパフォーマンスが最高な高規格キャンプ場です。
画像
日帰り入浴可能な温泉とプール付き宿泊施設が併設されていて設備もきれい、手入れも行き届いていてとても気持ちの良いキャンプ場です。

我が家が利用したのは、2009年1泊、2011年に2泊、2015年1泊の計4泊です。
画像
これは2011年の写真かな。
画像
炊事棟も目の前で便利でした。もちろん炊事場はとてもきれいに清掃されています。

この時にはあまりの気持ちよさに延泊の2泊して場内の練習場でカナディアンカヌーをレンタルして遊びました。
画像
時間無制限で1艇500円の格安でしたが今でもやってるのかな。
天塩川を下るプランもあって回送までしてくれます。

プールも温泉と繋がっていて一緒に入れるのでお風呂に行くときは水着を持っていくとプールで遊んだあと温泉に入ることができます。キャンプ場で割引価格で入浴券を購入できますのでチェックインの時に買っておきましょう。
画像
移動ばかりでは子供たちも飽きるので、特に道北ではこんな風に遊びを入れるのも大切ですね。
画像
本当に大はしゃぎで遊んでました。
画像

利用したことはないのですがキャンピングカーサイトには専用の炊事場+電源と
画像
ダンプ(トイレやグレータンクを処理するところ)施設もあります。
画像
夜も電灯が明るいので道北にあるのにワイルド感はないですが、北海道でワイルド感を求めるのはヒグマがまじめに怖くてシャレにならないので我が家的にはNG。
画像
シッカリ管理されているくらいの方が良いです。
画像
管理棟では見ようと思えばテレビも見られますし
画像
トイレはもちろん水洗でウォシュレット付き
画像
本当に快適なキャンプ場です。

北海道ではヒグマが出没する可能性があるというのが本州のキャンプ場との決定的な差かなと思います。

ただ最近はツキノワグマとはいえ本州もクマの被害が多くて気を付けないといけませんが。


第2位 日高沙流川オートキャンプ場
画像
ここは、いつも北海道の旅の最終日に我が家が泊まるキャンプ場で、2012年から2016年まで毎年最終キャンプ地として利用しています。なので計5泊してますね。

無料で借りられるおもしろ自転車が目当てで子供たちが楽しみにしているキャンプ場です。
画像

キャンプ場の道を挟んで反対側に日高沙流川高原荘があってここの温泉に入れるのでさっぱりできて良いところです。
画像

ここは最終日に寄っていたのですが、なぜかいつも天気がよくイメージが良いんです。
画像
上段のフリーサイト用のトイレと炊事棟です。

下段のオートサイト用の炊事棟はこんな感じで
画像
トイレも炊事場もきれいに使用されていて快適です。
画像
適度に照明もあって夜も安心です。
画像
まあ、ここも定期的に空砲が鳴ってますが。
そんなオートサイト全景をパノラマでご紹介。
画像
ここもサイト間隔が広くて混雑時でもそれほど隣を気にしなくて良いでしょう。

オートサイトは電源付きとペット可の電源無しのサイトがあります。
ペット可のサイトの方が温泉には近いですが、炊事場トイレは上段に行かないといけないのでオートサイトの方がお風呂以外便利は便利かと。


第1位 丸瀬布森林公園いこいの森オートキャンプ場
画像

言わずと知れた場内に北海道遺産のSL雨宮21号が走る貴重なキャンプ場です。
画像

我が家は2011年、2015年、2016年の各1泊ずつの計3泊してます。
近年ソースケがここを気に入ってヘビーローテーション中。

毎回電源付きのこちらのオートサイトを利用しています。
画像
炊事場は独特のキノコ型をしたこちら
画像
夜には人感センサーでやたらと早く消えてしまうのでここでは皆怪しい動きをしてます(笑)
画像
温泉は道を挟んで反対側に丸瀬布温泉「やまびこ」があるのでこちらもお風呂には不自由しません。

今のところ、我が家は毎回丸瀬布からさらに進んだところにあるマウレ山荘の温泉にHOを使って入っていたので実はこのやまびこは利用したことがないのですが、2泊するのであれば、中日のお風呂はこちらで決まりですね。
画像
ここはSLに乗れる他
画像
ゴーカートとかおもしろ自転車レンタルもあって1日中遊べるのも良いです。
画像
今年ももちろん行きますが、2016年9月の洪水でキャンプ場がかなりの被害を受けてしまったのが心配。
只今急ピッチで復旧中だそうですが、夏休みまでに間に合うと良いな〜

こんな良い雰囲気のキャンプ場なので一刻も早く復旧してほしいものです。
画像


簡単な気持ちで始めたベスト10でしたが思いの外大変で、とっても長くなりましたがそれだけ思い入れのある北海道のキャンプ場なので雰囲気だけでも伝われば幸いかと。

北海道のキャンプ場ってやっぱり良いねと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして
ひなひな号さんから「とても参考になるブログがあるよ」と
紹介して頂き拝見しました。
素晴しいです!
前置きの説明がドンピシャ!(TOEICの部分は除くw)
私も今年の夏は初めてキャンカーで北海道へ行く予定ですので是非とも参考にさせて頂きたいと思います。
Takgalcamp
2017/05/26 14:28
おはようございます、そして初めましてTakgalcampさん。
書き込みありがとうございます。
ただの日記でそれほど参考になるかは分かりませんが、何かのお役にたてれば幸いです。
初北海道楽しみですね!
北海道はキャンカーの聖地だというのを実感してきてください。
まろぱぱ(takakou)
2017/05/27 06:00

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールアドレスはこちら
  • Google+プロフィール
  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村
    我が家のお気に入り北海道キャンプ場ベスト10(5位〜1位) アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる