アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ゼビオのセールでポリコットンTシャツをお得に入手からの珍魚発見

<<   作成日時 : 2018/07/30 03:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

台風の被害は庭の木の枝が少し折れたくらいで大したことはなかったのですが、町内会草刈の次週延期に伴う精神的被害が大きすぎるまろぱぱです。

これで来週は土曜日がリョータの陸上部の大会、日曜日が朝から町内の草刈と8月に入ったら水遊びに行きまくる計画は早くも頓挫してしまいました。

しかたがないので北海道キャラバンに向けた最終の準備でもしてましょうかね。


本日は朝起きたら台風一過の青空とはいかず、強風が吹き荒れ、時折雨が降ったと思ったら青空が顔をのぞかせ、しばらくするとまた突如大雨が降るという不安定な天気でした。

なので朝6時から予定されていた草刈は中止に。

天気は悪いし意外と暑いしでやる気を失い食事以外、ほぼ1日中昼寝をしていたような・・・
なのでこんな時間にアップしてます(^^;)

まあこれはこれで至福の時間という話もありますが、リョータがあまりに暇そうなので、リョータの陸上部用のカバンを買いにリョータと二人でスポーツ量販店へ。

最初は近くのスポーツデポを考えていたのですが、それではあまりに面白くないので豊橋のゼビオスポーツへ。

陸上部用のカバンということでエナメルバッグを探したのですが、思いの外高い・・・
野球やサッカーのコーナーで売っていたのですがどれも1諭吉さん近くするものばかり・・・
事前にネットで確認していたより大幅に高いのでいったん必要な大きさだけ確認してネット大手に頼ることにしました。

中学生の頃って部活のカバンどんなだったかな?
マディソンスクエアガーデンバックだったかな(笑)

高校の陸上部の頃のカバンは?
全く覚えがございません・・・


目的は無くなりましたがせっかく来たので店内散策。

コールマンってポップアップテント出してたんですね。
画像
クイックアップドームっていうらしいです。写真はソロ用ですが、2人用もありました。

しかしこの収納サイズ(φ68cm×6cm)だとバックパックはもちろん自転車、バイクでも持ち運ぶのは不可なのにソロもしくは2人用テント。

ということはこれはオートキャンプが前提。

大きくて重いのに1〜2人用・・・なんだかとても中途半端な気がしますが、ネットで調べたら2018年新商品なのに既に楽天さんもAmazonさんでも売り切れで入手不可状態のようです。
※上記リンクのコールマンのオンラインショップでは購入できます。

10年くらい前まではオートキャンプで、ソロテントや2〜3人用のテントは珍しく、ファミリー4人〜6人用の大型テントが主流だったように思うのですが、昨今のアウトドアブームでキャンパーのすそ野が広がってファミリーだけでなく単身者やカップル、子育て卒業後の夫婦等々、色んな人がキャンプをするようになったんでしょうね。

本格的にアウトドアブーム何ですね。
なかなか興味深いです。

しばらく冬にゼビオスポーツには来たことがありませんでしたが、冬でもキャンプ道具売り場が残っていたら本物ですね。

それにしてもゼビオスポーツってスノーピークのオフィシャルマイスターだったんですね。
画像
そう言われれば我が家の焚火台セットもゼビオで買ったのでした。
もう何年前だ?
15年は超えていると思いますが、今でも全く問題なく使えていますね。

この頃はスノーピークの商品の値段は妥当に感じたのですが今はちょっと高騰気味に感じてしまう・・・


そしてちょうどゼビオスポーツはセール中で中にはこんな無茶な値引き率の商品も。
画像
自立式のハンモックスタンドセットのようですが7割引って・・・
我が家のよりコンパクトに収納できて良さげなのに。

他にも脅威の95%オフという靴とかもありましたね。
確かにこの時期には履きたくない革(っぽい)のハイカットブーツでいまいちな感じのデザインでしたが、定価13000円ちょっとするものが500円で売られているって生産者泣かせな値引きですな。
材料費にもならないでしょう。

それ以外でもあちこちに50%オフや30%オフの赤札が。

そんな中、発見したのがこの季節必需品のこちら
画像
普通のTシャツですが、ポリエステル:綿が65:35のポリコットン吸湿速乾素材でしかもUVプロテクト素材。
しかもブランドも無名やショップオリジナルではなくれっきとしたアウトドアブランドのコロンビア製品。

黒がリョータが青が私のですが、驚くのはそのお値段。
黒い方のお値段はこちら
画像
税込1620円で50%オフ。

そして青はさらに驚きのこちら
画像
もはやユニクロかと思うような999円でほぼ70%オフ(笑)

999円は青だけでしたが、他ブランででも1000円台のポリコットンやポリエステル素材のTシャツが結構あったのでモンベルのウィックロンTシャツのアウトレット品と比較してもかなりお得ではないかと思います。

まあデザインが不人気と言われればそれまでですが、よほど奇抜でない限り、誰もTシャツのデザインなんて気にしませんって(笑)

デザインの好みなんて人それぞれなので本人が格好悪くないと思えればいいんですよ(笑)

帰宅してから袖を通してみたのですが、肌触りがとても良かったのでもう1,2着買っておけば良かったかなと少し後悔。

他にはこれも必需品といえば必需品ですが元々安い価格設定なのにワゴンセールでさらにありえない値段になっていたのでまとめ買いしてしまったこちら
画像
3足999円、799円が399円と半額に・・・3足400円ってあんまり見ませんね。

白はリョータの学校用で、黒とグレーでリョータと共有にする予定。
って共用はいやか(笑)
かといって色で分けると毎日同じの履いてるみたいでやだな〜(笑)

こうして何にも楽しいことがなかった休日でしたが思わぬゼビオスポーツのセールのおかげで嬉しい買い物ができました。


そして台風の影響も収まって比較的涼しい夜に、一人運動不足解消のため出かけたナイトウォーキング。
風が心地良く月と火星がとてもきれいに輝く夜でした。
画像
そういえば明日31日は火星が15年ぶりに最接近するんでしたね。
久しぶりに天体望遠鏡引っ張り出して見てみましょう。

そんな気持ちの良い夜のウォーキングでしたが、ここでも何度か取り上げた例の用水路をライトで照らしながら歩いていたらこの時期は常時水があるので水生動物が結構いました。

この用水路は幅50cmくらいの狭い水路で常時水があるのは春〜夏限定なのにこれまで、小魚はもちろん、鮒や鯉やどじょう、20cmオーバーのナマズに、果てはモズクカニまで発見した驚異の水路としてこちらで紹介してきました。

アメージング用水路 水生動物の生命力に感動


もうこれ以上の驚きの生き物は出てこないだろうと思っていたら本日驚くべき生き物を目撃してしまいました。
それはこちら
画像
小さいどじょうでもなく太いナマズでもなく30cmくらいの長さにこのシルエットはまさに「ウナギ」!

ついにこの用水路で捕まえた生き物を食べる時がやってきたか!と心ときめきましたが、よくよく観察するとウナギにしては少し違和感が・・・
画像
色も私が知っているウナギにしては茶色いし、頭のすぐ横にある特徴的な小さいヒレもありません・・・

いわゆる我々が食べるウナギはこれですね。
画像
それと比べてもやはり少し雰囲気が違います。
画像
で、テレビ番組でやっていた別の生き物を思い出してスマホで調べたところビンゴ。

こいつは「タウナギ」という中国大陸出身のタウナギ目タウナギ科に属する淡水魚でした。
空気呼吸を行うことで知られ主に沼や水路、水田などの温暖な淡水に生息するということです。
空気呼吸をする瞬間をスクープ(笑)
画像
朝鮮半島から1900年くらいに人為的に移入された物が広まったのではないかとされていて、日本では食べる習慣はないそうですが、中国や台湾では美味とされ、炒め物、煮物、から揚げなど広く食用にされているということです。

なんだ、あのかば焼きのウナギじゃないんだ・・・どうりで泳ぐのがやたら下手で簡単に捕まえられそうだったわけだ。
私でも触れましたから。

ウナギだったら大喜びだったのですが、それでも珍しい魚なのには違いありませんね。
もちろんそのまま見逃してあげましたよ。

さて、次はどんな変わった生き物を見せてくれるか!?

乞うご期待(もう出てこないか?)

こんなちっぽけな用水路に色んな生き物がいるって面白いねと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
できたらこちらも・・・

アウトドアランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール

  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村

    Instagram
    インスタグラムはここ

    ゼビオのセールでポリコットンTシャツをお得に入手からの珍魚発見 アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる