アウトドアときどきインドアライフwithまろ

アクセスカウンタ

 

zoom RSS よくここまで元気に育ってくれました

<<   作成日時 : 2018/09/27 23:59   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

進撃の巨人が最新刊に到達してしまい、次巻が出る12月まで悶々と過ごさないといけないまろぱぱです。

ゲーム・オブ・スローンズロスの最終season8の2019年4月開始といい、これから平日は何を楽しみに生きていけばいいのですか?

HBOの他のドラマでも見ようかな。

ローマ軍の百人隊長ヴォレヌスとその部下のプッロを主人公に、内乱期のローマ共和国を描いた歴史ドラマ「ROMA」とか、
スピルバーグとトム・ハンクスが「プライベート・ライアン」に続いて製作し、第二次世界大戦を題材にした全10話に渡る実話に基づいた戦争ドラマ「バンド・オブ・ブラザーズ」とか、
見るべき大作はまだまだあります。

それにしてもスピルバーグにトム・ハンクス制作ってどんだけ製作費をかけるんだ!?HBOさんは。

たぶん安上がりだったと思われる「水曜どうでしょう」のHTBさんとはなんかつづりが似てるけど大違いですね(笑)

まあ両方とも面白いから大好きですけどね。


ということで今日はあまり時間もなく大したネタも思いつかないので横にいるこの子について
画像
我が家の放蕩娘のミーコです。

家にはご飯と夜寝る時にしか返ってこない不良娘の半野生児ですが、とりあえず今まで無事に元気に過ごしてくれています。


思い返せば9年半前の2009年5月
まろの散歩の時に箱に入って道端に捨てられていたのを発見。
箱には2匹いて、そのうちの1匹がミーコでした。

奥さんが猫が苦手ということで連れては帰らず、雨が降りそうだったので町内管理の神社の軒下に移動させミルクを入れておいてあげました。

数日たって様子を見に行くと箱には1匹しかおらず鳴き声もか細く今にも死んでしまいそうだったのでその1匹を慌てて自宅に連れ帰りました。

もう1匹は行方が分かりませんでしたが、後にミーコに似た猫が近所をうろついていてミーコと仲が良さそうだったのでもしかしたらミーコの兄弟が無事成長した姿だったかもしれません。

連れて帰り餌を上げたら凄い勢いで食べてホッと一息
画像
ゲージから出してやるとまろにまとわりついてまろが迷惑そうでしたが、とても愛らしかったです。
画像
拾ってきた当日の写真を今見返してもよく無事に育ってくれたな〜という思いしか湧きません。
画像
手の平に乗るくらい小さく本当なら母親のおっぱいを飲んで母親に甘えている年頃です。
画像
それくらい本当に小さくちょっとしたことで死んでしまってもおかしくない幼さでした。

当初は猫は買うつもりはなく里親を探そうかと思っていたのですが飼い主となってくれる人は現れず・・・

我が家に来て1週間がたったころ
画像
すっかり元気になって家にも段々慣れてきました。

2週間も経ったら4歳のリョータと一緒に寝て足で踏まれても微動だにせず
画像
リョータの足の下からまろにちょっかいを出し
画像
まろの反撃にあったりと
画像
すっかり我が家に馴染んでしまいました。

シオリは当時ようやく経って歩き始めたばかりの頃でまだこんな赤ん坊
画像


そして1ヶ月も経つと家の中を自由に動き回り、こんなところで寝てみたり
画像
勝手にまろの寝床を占拠してみたり
画像
まろが端に追いやられている(^^;)

そして1.5ヶ月も経つとシオリのスイングベッドでだらけて寝たりするように
画像
ちょっかいを出そうとしていた相手はやっぱりまろ
画像
こうして我が家の一員としてすっかり定着してしまいもう里親に出す気はさらさらなくなっていました。

3年後にはすっかり大人になってまろと付かず離れずの良い関係に。
画像
そして一番最初の写真のように現在に至ります。

ミーコも最初の頃はキャンプにも北海道にも一緒に連れて行っていたのですが、銚子川で脱走1回、北海道で脱走4回の前科が付いたので凝りて連れて行かなくなりました。


北海道最初の脱走は2009年に北海道花沢温泉で。
この時はまだ小さかったのですぐ裏の公園で見つかり即保護成功。

次は2011年の稚内森林公園キャンプ場。
この時は1.5日もここで足止めの後、近くの茂みで無事確保。

3回目は2013年の幌延での横転事故の際に。
この時は事故でミーコのことをかまっている余裕はなく本当にあきらめかけたのですが、キャンカーを強引に復活させて自走帰宅の目途がたった時にひょっこりバンクベッドの布団の中から現れ無事を確認。
一旦脱走した後、自力でいつの間に車に戻っていたようです。

4回目は2014年に様似ダムキャンプ場で。
ここは人気のない山奥のキャンプ場でいつヒグマが出てもおかしくない場所。
フェリーに乗って帰る日の朝、網戸の隙間から脱出していて23時のフェリーになんとか間に合う19時ごろまで粘っても帰ってこず・・・
諦めて苫小牧に向かいましたが、やっぱり見捨てるわけにはいかないと、会社に休みの延長を連絡し、フェリーの乗船日を2日間後ろにずらす変更をして、再び真っ暗な様似ダムキャンプ場に戻ってミーコの帰りを待つことに。
嫌がるまろを連れて真っ暗な中を超ビビりながらミーコを何度も探しましたが見つからず。
そのまま車で寝ていると深夜の2時ごろミーコの鳴く声が。エントランスを開けるとミーコが入ってきました。
こうして無事ミーコを確保。

これに懲りて、以降ミーコはキャンプにもキャラバンにも連れて行くのはやめました。
自宅の半サンルームのウッドデッキに自動給餌器をと寝床を設置してミーコを外に出して置いていくことに。

あのままミーコを旅に連れ歩いていたらどこかで脱走して二度と会えなくなる可能性が高かったのでこれで正解だったと思っています。

たまに猫に首輪をして犬のように紐でつないでいる方をキャンカー乗りの方で見かけますが、猫にとってはあまり楽しいことではないはず。
犬は人に付くけど猫は家に付くと言いますからね。

ということでミーコの半生(脱走歴?)を振り返ってみましたがよくぞ無事にこれまでいてくれたものです。

まろ亡き後、ミーコだけが私と一緒にリビングで夜更かしに付き合ってくれる存在なのでこれからも元気に長生きしてもらいたいものです。


猫は可愛いけど気まぐれであまり旅には向かないねと思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
できたらこちらも・・・

アウトドアランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール&メッセージ

  • メールはこちら
  • Google+プロフィール

  • にほんブログ村 アウトドアブログへ
    にほんブログ村

    Instagram
    インスタグラムはここ

    よくここまで元気に育ってくれました アウトドアときどきインドアライフwithまろ/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる