今月号のBE-PALは焚き火料理がテーマでおまけは肉厚鉄板

折角の3連休なのに巨大で猛烈な台風が東海~関東地方に向かってやってくる予報にスーパーコンピューター計算ミスしろ!って強く念じているまろぱぱです。

スーパーコンピューター想定外の偏西風の頑張りを神様に祈りましょう。

予想通りなら川下りはまず無理で土曜日も自宅で台風が過ぎ去るのをじっとまつのみですが、台風一過の2日間は何とかキャンプしたいですね~

まあ何にせよ台風19号の状況次第ですが・・・


ということで、台風はさておきアウトドア、特に焚火が心地良い季節になってきましたが、先日楽天ブックスさんでポチッと予約しておいた今月号のBE-PALが本日到着。
01_11月号BE-PAL.jpg
安定の3エッセイで気になったのは、あこがれのビッグサーモンリバーを下る転覆隊に
03ビッグサーモンリバー行きたい.jpg
ユーコンリバーにビッグサーモンリバー行きたい!

そしてこれまた大好きな北海道の地をバックパッキングで歩くシェルパ斉藤さん
02北海道豊似湖行きたい.jpg
豊似湖行きたい!でもヒグマが怖いな~

野田知佑さんの千曲川下りも楽しそうだな~
今週末川下りしたかった・・・

今月号のメインテーマは焚き火料理!
美味しそうな焚き火料理は参考にするとしてやっぱりギア好きにたまらないのが焚火道具
05色々な焚火台.jpg
工夫を凝らした色んな焚火台が登場してますが、スノーピークの焚火台があるから要らないかな。

こちらを見るとさんきちさんを思い出してしまいます。
04テーマは焚き火でこれ欲しい.jpg
これは欲しいけど高いな~

そして焚火用と謳っているこちらの防火性アウトドアジャケットは火にも強くポケットが沢山あって便利そうです。
07焚き火用ジャケット.jpg
値段も昨今の海外ブランドジャケットとかと比べれば驚くほどは高くないので探してみようかな。

もう一つ物欲をそそられたのがメイド・イン・関市(岐阜県)のこちらの海外輸出用モデル
08メイドイン関.jpg
刃物の産地の関市製でいかにも切れそうな美しい刃渡りにシンプルなデザインが所有欲を掻き立てます。
いつか関市とか福井なんかの日本の刃物の産地でこういうシンプルなアウトドアナイフを探してみましょう。

一つくらい一生物のメイド・イン・ジャパンのナイフが欲しいですね。


で、最後に今月号のおまけですが、そいつはこんな感じで本誌に同梱されて送られてきました。
09おまけがこんな感じで同梱.jpg
ずっしり重いおまけは3mm厚の肉厚鉄板
10おまけの鉄板.jpg
早速撮影のために取り出してみたのがこちら
11DSC_7535.jpg
思ったより小ぶりでした。
裏にはコラボ先のSHO'Sの刻印が
12DSC_7536.jpg
油紙のようなもので保護はされていますが鉄板自体に防錆処理はされておらず、このまま放置しておくと錆びてしまうのでこいつはさっさと使ってシーズニングしないといけないかもしれません。
コレクションで長期保管するならシリカゲルの乾燥剤も箱に突っ込んでおいた方が良いかもしれません。

使い方は本誌でも紹介されていましたが網の上に置いて小さな鉄板焼き場とするか、小さな焚火ストーブやシングルバーナーで直接炙っても良いかもしれません。

先のまな板と一緒にキャンプデビューさせてみようかな。

ということで、定例のBE-PAL紹介でした。

きっと売り切れ必至なので購入はお早目に。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アウトドアランキング


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント